草加市の歯医者、吉田歯科クリニック|歯周病

TOP>歯周病

歯周病

  • 一般歯科
  • 小児歯科
  • 矯正歯科
  • レーザー治療
  • 予防歯科
  • 歯周病
  • 入れ歯
  • 歯科口腔外科
  • 顎関節症
  • インプラント
  • 審美歯科
携帯サイトはこちらのQRコードを読み取ってください

当歯科医院は、草加歯科医師会、埼玉県歯科医師会、日本歯科医師会に所属しています。

歯周病は、歯を失ってしまう可能性の高い大変怖い病気です

当院にも歯周病で治療を受けている方が多くいらっしゃいますが、ご自身で歯周病の治療を受けたいとお越しになる方は少なく、むし歯の治療などでご来院いただき、そこで歯周病の治療もという形になるケースがほとんどです。それだけ歯周病は気が付きにくい病気になります。
まれにご自身で歯周病の治療をしたいと来られる場合は、かなりの進行をされている方が多く、進行している場合は、治療にお時間がかかりますし、最悪のケースは歯が抜けてしまいます。
下記のような症状が一つでもある方は、一度検査を受けてみてください。

このような症状はありませんか?

歯周病の原因は?

健康な歯周組織と感染した状態

歯周病は感染症です。
お口の中には細菌がたくさんいて、磨き残しがあると、細菌がそれをエサに増殖し、プラークと呼ばれる、かたまりを作ります。このプラークが歯ぐきや歯を支える歯槽骨などに炎症をおこします。さらに喫煙、病気(糖尿病など)、強い咬みしめや歯ぎしり、噛み合わせなどにより悪化してしまいます。

歯周病はどのように進行するの?

歯肉炎

歯肉のみに炎症が生じたもので、骨(歯槽骨)までは破壊されていない状態です。
お子様にも見られ、歯肉は赤く丸みを帯びて腫れ、出血しやすくなります。

軽度歯周炎

骨(歯槽骨)が歯根の長さの1/3まで消失した状態です。
歯周ポケットができて、歯を支えている骨(歯槽骨)が溶けはじめます。

中等度歯周炎

骨(歯槽骨)が歯根の長さの1/3~1/2程度まで消失した状態です。
炎症がさらに悪化すると、歯槽骨が溶けて歯根部が露出しますので、冷たいものや熱いものにしみたりします。
また、歯肉が腫れて膿が出たり、固いものを咬むと痛みが出ます。

重度歯周炎

アニメで歯周病の進行の様子を見る

骨(歯槽骨)が歯根の長さの1/2以上消失した状態です。
骨が溶けてしまい、歯を支えることができず、歯がグラグラします。
そのまま治療しないと、歯が抜け落ちてしまいます。

歯周病はどうしたら治るの?予防は?

歯周病を治療するには、大きく2つの方法で改善していきます。

セルフケアとプロフェッショナルケアで健康で丈夫な歯を維持しましょう

予防について詳しくはこちら

その他の治療方法

固定

治療方法:固定

写真は歯周病の悪化により歯がぐらぐらしてしまい、食事をしやすくし、回復を早めるために、隣同士の歯をつなげて固定する方法を取る場合もあります。

外科処置

レーザーを当てることで、歯ぐきの殺菌・改善を図ります。→レーザー治療について詳しくはこちら

歯周病の治療は患者様と当院が力を合わせて、根気よく行うことが大切です。
一緒にがんばりましょう!

歯周病が全身に及ぼす影響とは?

  • 肺炎
  • 心臓病
  • 糖尿病
  • 早産や低体重出産
  • アルツハイマー症候群などの脳の疾患
  • 骨粗鬆症

上記の全身疾患に大きく関係していることがわかってきています。
歯周病を治すことは、お口の中だけではなく、全身の健康にも
つながっています。

歯周病が全身に及ぼす影響